円光

学生の頃に誰にも言わないで円光をしていました。親にも気づかれたことが一度もありませんでしたが、ある日生理がこない事に気づきました。検査薬で調べてみると陽性反応。妊娠発覚が分かった私は凄く不安になりました。誰の父親か全く分かりません。この時にようやく円光をしていたことに後悔をしました。でもおろしたいたい気持ちにはどうしてもなれませんでした。私は円光と言うことは話さずに、彼氏との間で子供が授かったけれど逃げられたと言う理由で産みたいことを両親に伝えました。

「父親はどこにいるか知ってるの。」「連絡しても、電話を解約されているし、どこに住んでるか分からない。でも、この子をおろしたくない。お願い。助けて。」「分かった。だけど、父親がいない分あなたがこの子を守らないとダメよ。」「うん。」私は子供を育てる事にしました。もちろん親にも協力してもらっています。
円光希望の女子大生

それから6年が経ち、子供は無事に小学校迎えました。そして私は職場で1人の男性と付き合うようになりました。彼には子供がいることを伝えています。そして、今度子供に会いたいと言ってくれました。嬉しいけれど不安の気持ちがありました。子供の父親のことを聞かれたらどうしようか。子供自身も父親に会いたいと言われたらどうしようか。円光していたことを後悔し、父親がいない子に育ててしまったことに後悔をしています。だから、彼なら子供のいい父親になってくれるかなと思ってしまいました。
JKと円光する